MENU

シボガードがWEB限定で今だけ安い!!

シボガードの口コミや効果はホントなの?シボガードの特徴3つを紹介

現代人の中には、中性脂肪値が気になるという方がたいへん多くいると言われています。そんな方にお勧めなのが、食後に上昇してしまう中性脂肪値を抑える働きを持つサプリメント、「シボガード」です。

 

この機能性表示食品のサプリメントであるシボガードには、いったいどんな効果が期待できるのでしょうか。ここでは、シボガードの特徴を3つご紹介しましょう。

 

と、その前に・・・

 

シボガードの最大の特徴は、機能性表示食品として届けられている点です。シボガードは機能性表示食品として消費者庁へ届け出されています。

 

機能性表示食品とは、

 

機能性表示食品とは、食品が持つ「機能」を「表示」した食品です。一般的な食品や健康食品とは違い、表示する機能性と安全性に関する科学的データ及び根拠資料を、消費者庁長官に届け出することで、食品が持つ機能性を表示することができるんです。

※機能性表示食品のさらに詳しい説明は消費者庁の機能性表示食品の説明をご覧ください

 

機能性関与成分名は、「ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール」。

本品には、ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)が含まれるので、食後に上がる中性脂肪を抑える機能があります。脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後に上がる中性脂肪が気になる方に適した食品です。

と届けられています。詳細はコチラ

 

では、シボガードの特徴を紹介します。

シボガードの1つ目の特徴

まず1つ目の特徴は、服用することによって血糖値の上昇を抑える効果があるというものです。それで、どうしても脂っこい食事が多くなってしまうという方は、シボガードを服用することができるでしょう。

 

基本的に言って、食事をすることによって血糖値は高くなり、その結果として糖尿病を引き起こしたり肥満になったりするものです。そんな方の強い味方とも言えるのがシボガードなのです。そこに含まれている機能成分ターミナリアベリリカの働きによって、血糖値の上昇を抑えることができるということが実証されているからです。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

このようにシボガードの機能成分ターミナリアベリリカは血糖値の上昇を抑える効果があるというのが1つ目の特徴です。

 

シボガードの2つ目の特徴

シボガードの持つ2つ目の特徴は、血中中性脂肪の上昇を抑える効果があるというものです。一般に、血液中の糖質が脂肪に変わり、その濃度が高くなってくると、動脈硬化を引き起こすことさえあると言われています。そのため、日ごろから十分な注意が必要でしょう。そこで、シボガードの服用が勧められているというわけです。実際に行なわれた臨床実験によると、機能成分であるターミナリアベリリカの働きによって、血中中性脂肪の上昇が抑えられたと報告されています。

 

シボガードで血中中性脂肪の上昇を抑える

 

食事から摂取した脂質は小腸で脂肪分解酵素(膵リパーゼ)により分解され、中性脂肪に合成されます。これが血液によって全身に運ばれ、体内に体脂肪として蓄積されます。
<p>シボガードの機能性関与成分であるターミナリアベリリカ由来ポリフェノールは、食事で摂った脂肪の分解を阻害する働きで脂肪の吸収を抑制し、食後に上がる中性脂肪を抑えます。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

このように、シボガードの2つ目の特徴は、血中中性脂肪の上昇を抑える効果にあると言うことができます。

 

シボガードの3つ目の特徴

さらに、シボガードには別の特徴もあります。3つ目の特徴とは、肥満を予防したり、メタボリックシンドロームつまり内臓脂肪症候群を予防する効果が期待できるというものです。実際のところ、脂っこい食事を頻繁にとったり、カロリーオーバーの食事をしていたのでは、肥満になる可能性をかなりの程度高めていることにあるでしょう。肥満が原因で、健康被害が起きたり、生活習慣病を引き起こしたりする確率もぐんと高くなるものです。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

ところが、シボガードに含まれる機能成分ターミナリアベリリカには、肥満を予防する効果があることが確認されていると言われています。このように肥満予防の効果こそが、シボガードの持つ3つ目の特徴となっているのです。

 

機能成分ターミナリアベリリカのさらに詳しい説明はこちら

 

 

シボガードの目次へ戻る

シボガードを通販で最安値で購入するには?アマゾン?楽天?公式?

中性脂肪を抑えることができるシボガードは、ドラッグストアなど一部の実店舗では取り扱っているものの、大手のネット通販では販売されていません。
シボガードを楽天で検索しても商品が見つかりませんし、シボガードをアマゾンで検索しても見つかりません。

※調査時でのお話です。調査後販売開始してる場合もあります。

シボガード楽天

シボガードアマゾン

 

そのため、シボガードを取り扱っている実店舗が近くいない場合は、手に入らないと思いがちです。
しかし、公式サイトでは通販をしているので、シボガードを楽天やアマゾンで検索して見つからなかったときは、公式サイトにアクセスしましょう。

 

それと

 

公式サイトのメリットは、通販でシボガードが買えるだけではありません。

 

たとえば、公式サイトではシボガードを定期購入できます。そもそもシボガードは、1回分を飲んだら終わりではありません。
中性脂肪を抑えるためには飲み続ける必要があるので、繰り返し購入する必要があります。

 

手元のシボガードがなくなるたびに注文するのは、とても面倒です。毎回購入していると、注文を忘れてしまい飲めなくなる時期も出てくるでしょう。こうした不測の事態が起きると、余計な中性脂肪を摂取することになりかねません。
無駄なく効率的に中性脂肪を抑えられるようになるので、定期購入が一番便利で確実なのです。

 

さらにシボガードを最安値で購入できるのも、定期購入できる公式サイトのメリットです。

 

公式サイトでは、定期購入の他に1回切りの単品でも購入可能ですが、その場合価格が少し上がります。
つまり、公式サイトを利用して購入しても、単品購入だと割高になってしまうわけです。

 

シボガード公式サイト

 

しかし、公式サイトで購入するときに定期購入を申し込んでおけば、1個から最大の割引率が適用されます。
通常購入の場合は、購入価格が9,000円にならないと割引が適用されないので、シボガードを通販で購入するなら断然定期購入がお得なわけです。

 

さらに定期購入をお得にするなら、配送方法をメール便にしましょう。普通の小包で配送してもらうと、4,500円以上購入しなければ送料が無料になりません。
家族の分もまとめて買うなら小包でも良いですが、一人分なら送料を払う羽目になります。

 

シボガード送料

 

しかし、配送方法をメール便にしておけば、送料は一切かかりません。メール便なら留守中もポストに投函してくれますから、受け取りの手間がかからないのもメリットです。

 

公式サイトで定期購入で申し込む、配送方法はメール便にする、この2つを守ればシボガードを安く購入することができます。

 

さらに

 

WEB限定でシボガードの初回購入価格が980円のキャンペーンも行っています。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

このキャンペーンは、シボガードの定期購入の「らくらく定期便」に申し込むことが条件ですが「らくらく定期便」はいつでも休止・停止がすることができます。よくある定期購入ですと「3回必ず継続」とか「5回必ず継続」というような縛りがあるのですが、シボガードの「らくらく定期便」では縛りはありません。

 

だからいつでもやめることができます。

 

また、2回目以降は12.7%OFFの税込2592円で購入することができます。

 

らくらく定期便のルール

 

シボガードは普通の定期購入で安く買うことができますが、WEB限定のキャンペーンサイトから購入すると初回購入が安くなるのでシボガードを最安値で購入することができます。

 

WEB限定キャンペーンもいつまで行われるかわからないのでシボガードを試してみたい方は早めに購入した方が良いですよ。

 

初回購入価格が980円!!シボガードの最安値は公式キャンペーンサイトがお得!!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
http://www.shibogado.com/

 

 

シボガードの目次へ戻る

シボガードの口コミ情報 -実際に飲んでみました!-

シボガードで中性脂肪が抑えられるということで私も飲んでみました。
注文してすぐに届きました。
アルミパウチのパッケージに入ってます。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

裏面には、飲み方とか注意事項、成分など書いてます。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

粒はこんな感じで、色は・・・何色って表現していいんだろう・・・

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

シボガードのサプリの粒の大きさは8oくらいですね。小さめで飲みやすい大きさです。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

サプリの臭いですが、無臭化と思ったらニオイがします。パッケージ開けて臭い嗅いだり、直接サプリの臭いを嗅いだ時何かに似てる香りがするなと・・・

 

パッと思いついたのが、ポテトチップスのコンソメパンチみたいなニオイ。

 

なんか香ばしいよう香りがします。なんかコーヒー豆をチョメチョメしたような感じもしますがよくわかりません。

 

でも嫌な香りではないです。ポテチのコンソメ味が食べたくなります・・・。でも食べると中性脂肪が・・・

 

 

でシボガードを飲んでみたんですが、すぐに飲み込まずに口の中でわざと溶かしてみたら、「結構苦い!!」
すぐに水で流し込みました。口の中で溶け出すとあまりおいしくないのですぐに飲み込んだ方が良いです。

 

シボガードの飲み方にも、「1日4粒を目安に噛まずに、水又はぬるま湯などで食事の前に召し上がりください」って書いてますから、噛んじゃダメです。不味いんで。

 

もらった冊子にもシボガードの情報が色々書いてました。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

まだシボガードは飲み始めで効果は全く分からないです。即効性はないので当然ですが。

 

ただ、普段からこってり系・揚げ物などの料理が大好きで、おなか周りもだいぶヤバくてメタボ気味の状況なのでシボガードを飲み始めました。
自分では健康なつもりですが、いざ健康診断をしてみると異常な数字が出るかもしれないから大きな病気を起こす前の自分なりの対策です。

 

シボガードの「らくらく定期便」を申し込んでもいつでも停止や変更ができるから、体質に合わない場合でも止めれるから試してみるのが良いです。

 

将来のためにも!!初回購入価格が980円!!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
http://www.shibogado.com/

 

 

シボガードの目次へ戻る

中性脂肪と脂肪の違いって何?

シボガードでは中性脂肪を抑えると謳ってますが、中性脂肪と脂肪との違いはあるのでしょうか。結論から言うと、全く同じものを指している訳ではありませんが、違いもありません。

 

中性脂肪とは

まず、中性脂肪とは、肝臓で合成され、脂肪細胞の中に蓄えられているエネルギーのことをいいます。その名前の通り、酸性でもアルカリ性でもない中性の物質です。専門的な名称としてはトリグリセリドやトリアシルグリセロールもしくはトリグリセライドと呼ばれているものです。

 

主に食物から摂取された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、身体の生命維持活動に使われることとなりますが、使い切れなかった余りのエネルギーが蓄えられていきます。ある程度の量であれば、身体が活動するためのエネルギー源であるので、直ちに身体に悪影響を及ぼすものではありません。

 

しかし、中性脂肪が増えすぎると肝臓に過度の負担をかけたり肥満の原因となるなどして、生活習慣病を引き起こすことにもなるので、注意が必要です。

 

血液中の中性脂肪値が高すぎると脂質異常症という状態になり、全身の血管の動脈硬化が進む原因となってしまいます。血液中の善玉コレステロールが減少してしまい、悪玉コレステロールが増加してしまうのです。

 

悪玉コレステロールは血管にへばり付いて、血液が流れるのを阻害して動脈硬化を進行させてしまいます。その結果、心筋梗塞や狭心症脳卒中というような血管が詰まっていることを要因とする病気を発症する可能性が高まります。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

だから、食生活や運動習慣によって改善していく必要があるという訳です。

 

標準値は性別や年齢によって変化するものの、正常値は30〜149mg/dで、29mg/dl以下または150mg/dl以上は異常値と診断されます。特に値が150mg/dl以上の状態は危険値で、高トリグリセリド血症と呼ばれる状態です。

 

どの値が丁度よいといったはっきりとした理想値は存在しませんし、体質や体格によっても丁度よい数値は変わってくるものですから、正常値の範囲内に収めることを目標としておくのが良いでしょう。

 

健康診断を定期的に受け、数値をよく確認し、生活習慣の改善に取り組むのが長く健康に過ごすためには1番です。

 

脂肪とは

一方、脂肪という名称は、身体にある全ての脂肪の総称です。中性脂肪も当然この中に含まれています。

 

要するにこの両者の関係は、脂肪という大きなカテゴリーの中に中性脂肪が入っているという形になっているので、比較ができないため、違いという概念はそもそも存在しないのです。

 

 

シボガードの目次へ戻る

中性脂肪が多いと何が問題!?

人は誰でも体内に脂肪を持っていますが、脂肪には種類があります。その種類の一つが、中性脂肪です。健康情報の番組や雑誌、ネットなどで頻繁に聞かれる言葉ですから多くの人が知っているでしょうが、中性脂肪と健康の関係はとても密接ですので、その特徴を理解しておきましょう。

 

中性脂肪自体は特に悪いものではありませんが、増えすぎてしまうのが問題です。特に問題として指摘されているのが、血液への影響です。

 

血液の中にこの脂肪が侵入すると、血液がドロドロになってしまいます。粘度が高くなることで細い血管内をスムーズに流れにくくなり、血圧を上げてしまうようになります。圧力がかかった血管の壁が傷つくことで、血管の壁の柔軟性が損なわれてしまい、動脈硬化が進んでいきます。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

高血圧になれば心筋梗塞や狭心症、脳梗塞や脳出血などの循環器に関わる病気になりやすくなりますが、血液の中に入り込んで増えすぎた中性脂肪によって、善玉コレステロールを減少させてしまうのも問題です。

 

善玉コレステロールは血液の流れをスムーズにしたり、血栓が出来にくい状態を作り出してくれます。血管の壁にべっとりとへばりついて血管を狭くしてしまう悪玉コレステロールを下げる働きを持っていますが、善玉コレステロールが減少すればこれらの働きが発揮されなくなるため、健康に悪い影響を及ぼしやすくなるのが問題です。

 

 

また、糖尿病の特徴である血液中のブドウ糖の濃度が高いと、高血糖の状態になります。高血糖になると同時に中性脂肪が増えやすくなり、糖尿病で様々な合併症を引き起こしやすくなるのも怖いところです。
このように様々な病気の引き金になる恐ろしい脂肪であるため、体内に増やしすぎないようにすることが、いつまでも健康的に生きていくには大切になってきます。

 

 

減らす方法として最もおすすめなのが、食生活の改善です。甘いものや脂っこいもの、味付けの濃いものばかりをたくさん食べていると、脂肪が蓄積されて中性脂肪が増えてしまいます。見た目では太っていなくても、内臓脂肪が多くついている人は意外と多いですから、油断しないようにしましょう。

 

バランスの良い食事で腹八分目を心がけましょう。過度な飲酒や喫煙はよくありません。ストレスや疲労をためすぎたりするのも増やす原因を作りますので、趣味で上手にストレスを発散させたり、十分な睡眠時間を取りましょう。軽いもので構いませんので、運動を定期的に行うことで、脂肪が蓄積されにくい身体を作れます。

 

食後の中性脂肪を抑えるにはシボガード!!今なら公式キャンペーンサイトがお得!!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
http://www.shibogado.com/

 

 

シボガードの目次へ戻る

中性脂肪値が原因で起こる病気ってどんなの?

中性脂肪は数値が高いからといってすぐに深刻な病気にかかるわけでなく、少しずつ様々な病気へと進行していくため早めに対策をすることで、病気にかかることを防ぐことが可能といえます。

 

病気の進行状態としては脂質異常症、動脈硬化、動脈硬化が原因となって起こる脳梗塞や脳卒中という流れになります。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

脂質異常症とは高脂血症とも呼ばれており、血液中の中性脂肪やコレステロールの値が大幅に増加している状態を指します。遺伝的要素をはじめ原因として考えられるのは、脂肪分の多い食事やアルコールの大量摂取、運動不足などが挙げられ自覚症状がないまま進行していく場合が多く挙げられます。
脂質異常症が動脈硬化を早める要因となり、老化現象とともに症状が加速されます。そしてその動脈硬化を放っておくことで、脳梗塞や脳卒中といった病気につながってきます。

 

脳梗塞は動脈硬化の進行により脳内の血管に血栓などが詰まることで血液の循環が妨げられ、神経の麻痺といった症状が現れる病気を指します。投薬治療で血栓が溶ければ、1週間ほどでベッドから起き上がることができる状態になり、その後リハビリをして退院となります。再発を抑えるためにも、退院後再発防止のケアが必要になります。

 

中性脂肪の数値が高くなる原因には様々なものがありますが、最も影響を与えるのが暴飲暴食です。お米やパンといった炭水化物や、糖分が多く含まれている清涼飲料水の過剰摂取は数値を高める原因となります。さらに、暴飲暴食が肥満へとつながり、肥満が原因となり数値が上昇するという悪循環もあります。肥満になると身体を動かすのが面倒になるため運動不足に陥りやすく、食事量がいつもと変わらないと余計に脂肪が溜まりやすくなります。

 

そうならないためにも、定期的に有酸素運動を行うようにしましょう。有酸素運動は、既に蓄積された脂肪を燃焼させる効果があります。ハードなものは続けることが難しく挫折してしまいがちなので、自分にあった方法で定期的に実践することが大切です。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

また、日常の食生活を見直すことも重要です。サバなどの焼き魚や納豆、豆腐、ヨーグルト、黒酢、ウーロン茶といった食品は中性脂肪の吸収を抑制したり、脂肪の燃焼をサポートする働きがあると言われています。急に全ての食事内容を変えることは難しいと思いますが、これらの食材を1品でも普段の食事に取り入れていくように意識しましょう。食生活の改善とともに、アルコールの過剰摂取を控えることもおすすめです。

 

 

シボガードの目次へ戻る

中性脂肪が上がる原因は?

今は大丈夫でも、将来の健康を左右することがある中性脂肪の蓄積、どんどん上がる原因は何があるのでしょうか。遺伝によって上がりやすい体質の人もすくなからずいますが、普段の生活がかかわっていることが多くなっています。

 

年齢が若いころは何の問題もなかったのに、30代ごろから健康診断で増加を指摘される機会が増えてくる人たちがいます。これまでと生活内容に変化がなかったとしても、代謝の衰えから肥満になってしまうと上がる原因になります。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

仕事の付き合いや、ストレスなどから暴飲暴食を繰り返していると、若い間は基礎代謝が高い分、普通に生活していてもエネルギー消費が活発にあって、脂肪として蓄積されることは少なくなります。でも年齢を重ねると定期的な運動を行っていない人は体力や筋肉量が落ちてしまうことで、基礎代謝が落ちエネルギーが消費されにくい体になって脂肪がたまりやすくなります。お腹周りにつく内臓脂肪も皮下脂肪もほとんどが中性脂肪であり、おなかの厚みが増した分、上がっていることになり、お尻や太ももの脂肪も同様です。

 

糖尿病や脂質異常がある人はより注意が必要なことで、食事や運動を取り入れつつ、定期的な血液検査により数値の上下に注視する必要があります。あまり上昇してしまうと、症状の悪化につながり合併症を引き起こす可能性が出てきます。

 

あまり食べない人でも、お酒をよく飲む人は上がる原因になります。中性脂肪は一般的に酵素が分解する働きを担っていて、中でもLPLと呼ばれるリポ蛋白リパーゼという酵素は、アルコールの影響を受けやすく、十分な機能を果たさなくなってしまいます。このため、溜まるだけ溜まっていって消費されにくくなってしまいます。

 

たばこを吸う量が多い人も上がる原因になり、ニコチンが良くありません。ニコチンには、中性脂肪がつくられるときの原料ともいえる遊離脂肪酸を血液内で増やすことがわかっていて、吸わない人よりも悪玉コレステロールを高めて、善玉コレステロールを減らしてしまうことがかかわっています。

 

善玉コレステロールが増える体質になることはとても重要なことで、生活習慣を見直していく必要があります。

 

暴飲暴食に注意するだけでなく、過剰にたんぱく質や糖分を摂取しないように気を付けたり、体を動かす機会を増やして基礎代謝をあげることなどが大切です。禁煙は、1人では難しい場合があるので専門医と相談しながら行ったほうが良いです。

 

食後の中性脂肪を抑えるにはシボガード!!今なら公式キャンペーンサイトがお得!!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
http://www.shibogado.com/

 

 

シボガードの目次へ戻る

中性脂肪を下げる方法は?

年を重ねるにつれて、中性脂肪の値が高いなどと人間ドッグの血液検査で指摘される人も少なくありません。中性脂肪と聞くと何となく体にあまり良くないなどとイメージしてしまいがちですが、実は人間のエネルギー源となっており、毎日の活動を支えているものなのです。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

 

そのため体にとってある程度は必要になりますが、やはり過剰に蓄積されると肥満などの害を引き起こしてしまいます。このように良い面も悪い面も持ち合わせているからこそ、上手にコントロールをしながら付き合っていかなければなりません。

 

余分な中性脂肪を下げるには

 

では、余分な中性脂肪を下げる方法にはどのようなものがあるのか言うと、まずはこまめな運動が大切になります。

 

年齢を経ると次第に基礎代謝が落ちて、簡単には痩せなくなります。そこで毎日の生活で意識的に運動を取り入れ、エレベーターではなく階段を使ったり、車ではなくて歩くようにするなどの簡単な有酸素運動をすると良いです。

 

また規則正しい食生活と、適度な休肝日を設けることもポイントになります。

 

お酒は水やお茶と言った飲料と比べてもカロリーが高く、お酒のおつまみは味が濃い物が多いのでどうしても脂肪の値は上がりがちです。そこで、最低でも週に2日はお酒を飲まない日を作り、肝臓を休めると共にカロリーを控えるようにすると良いです。

 

そして食生活では脂質の多い食べ物の摂取を減らし、食物繊維やタンパク質など何でもバランス良く適度に食べるようにします。炭水化物やタンパク質と言った栄養成分は身体にとって必要不可欠ではなりますが、やはり過度に摂取しすぎると中性脂肪が付きやすくなります。

 

そこでバランスと量にこだわり、質の良い食事を心掛けるようにします。

 

このような生活習慣の改善と同時にシボガードを飲むこともおすすめです。

 

シボガードは機能性表示食品で、1日たったの4粒飲むだけで食後の中性脂肪の上昇を抑える働きがあります。シボガードにはターミナリアベリリカ由来ポリフェノールが含まれているので、食事により摂取された脂肪の体内への吸収を抑える効果があります。

 

ターミナリアベリリカは南アフリカに生育する果実で、古来から利用されており、三大健康果実の一つに数えられています。

 

シボガードは安全性が認められた原料のみから成分を抽出し、国内トップレベルの工場で製造しているため安心して飲むことが出来ます。食事の前に飲むとより効果があり、他のサプリメントや健康食品と併用することも出来ます。

 

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

シボヘール,口コミ,効果,中性脂肪,下げる

http://www.shibogado.com/

 

 

シボガードの目次へ戻る

シボガード成分・他情報

商品名 シボガード
名称 ターミナリアベリリカ抽出物加工食品
シボガードの召し上がり方 1日4粒を目安に、水又は、ぬるま湯などで食事の前に召し上がりください
シボガードの原材料名 還元パラチノース、ターミナリアベリリカ抽出物/セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素
シボガードの内容量 30g(250mg×120粒)
シボガードの保存方法 直射日光、高温多湿を避け、冷暗所に保存
シボガードの栄養成分表示 (4粒当たり)

エネルギー:2.7kcal
タンパク質:0〜0.1g
脂質:0.01g、炭水化物:0.9g
食塩相当量:0〜0.01g  
機能性関与成分:ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)20.8mg

シボガードの届け出表示

本品(シボガード)には、ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)が含まれるので、食後に上がる中性脂肪を抑える機能があります。脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後に上がる中性脂肪が気になる方に適した食品です。
※本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

シボガードの注意事項

※本品(シボガード)は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※本品(シボガード)は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
※疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
※体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
※原材料をご参照の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりをお控えください。
鉄の吸収を阻害する可能性がありますので、貧血のお薬を服用している方はご注意ください。
(ターミナリアベリリカ由来ポリフェノールの主成分である没食子酸などの成分は、鉄と結合することで、鉄の吸収を阻害する可能性があると言われています)